普回向(ふえこう)


わくは功徳一切ぼし、

ねがわくはこのくどくをもってあまねくいっさいにおよばし、

 

我等衆生仏道ぜんことを

われらとしゅうじょうとみなもとにぶつどうをじょうぜんことを

 


略三宝(りゃくさんぽう)


十 方 三 世 一 切 仏

じーほーさんしーいーしーふー

諸 尊 菩 薩 摩 訶 

しーそんふーさーもーこーさー

摩 訶 般 若 波 羅 

もーこーほーじゃほろーみー

 


【現代語訳】

『普回向』

願うことは、この読経や行の功徳を、如来・菩薩・諸天・善神・鬼神・亡者・諸精霊・衆生の全てに手向け、私達全ての生命と、皆が共に仏の道を成就しますように。と祈ります。

 

 

 

『略三宝』

 

あらゆる空間(十方=東・西・南・北・東南・西南・東北・西北・上・下)

あらゆる時間(三世=過去・現在・未来)にわたる全ての仏よ[仏]

あらゆる尊師、菩薩、修行に励む者よ[僧]

大いなる教えにより彼の覚りに到る智慧に[法]

 

 

【コメント】

 普回向は、『法華経』化城喩品の「願以此功徳」ではじまる偈文が原文です。宗派により和文と漢文の読みの違いがあります。曹洞宗では主に和文でお唱え致します。

 読経後、回向文をお唱えします。経典をよみその功徳を回し向ける(回向)ためです。普回向は御本尊様、先祖や亡き方への供養、生命あるものへの祈願など功徳万能な回向文です。

 略三宝は、仏教の三つの宝である仏(覚者)法(教え)僧(修行者)に感謝し、その功徳を全てに向けています