<仏教・仏事Q&A>

お線香は何本供えるのか?

 曹洞宗のお線香のお供えは基本一本です。姿勢を正し、一度額に頂き念じてから香炉の中心に真っ直ぐ立てお供え致します。

 僧侶が御供えする場合は「迎え線香」と言い、その場を清浄にし仏様や導師を迎えるためにお線香を二本立てます。その後、導師が入りお線香一本を御供えして合計三本になります。但し、葬儀の時は亡き方が迷わないようにと思いを込め、迎い線香は立てずに一本をお供え致します。  

  

 形式にこだわり過ぎない事。 

  1. 全ての方に一本も良いです。 
  2. ご本尊様に一本、ご先祖様に一本。計二本でも良いです。 
  3. ご本尊様に一本、ご先祖様に一本、命日の方へ一本。計三本でも良いです。            

全員一本ずつでもよいです。立てすぎによる火災には注意です。

 

祖様のお食事とも言われますので、丁寧にお供えさせて頂く真心が大切です。お線香は香りを持続させるために作られたものです。御供えさせて頂く方を思い、あまり数にこだわりすぎず、お気持ちを大切にお線香をお供え頂く事がよいでしょう。

 

< 臨済宗・浄土宗・日蓮宗>

お線香の本数は一本。

< 天台宗・真言宗>

お線香の本数は、基本三本。  

「三宝( 佛法僧)」や「三世( 過去・現在・未来) 全てを大切にご供養するお作法です。   

< 浄土真宗>

基本一本。線香を立てずに香炉の幅に合わせて折り、自分から見て煙の出ている側を左にして香炉の中に寝かせてお供えします。

 

曹洞宗お焼香のお作法とは?

  1. 仏前で対象をみて合掌礼拝。
  2. 右手三指(浄指=親指・人差指・中指)でお香をつまみ、左手を右手の下にそえ額に軽く押し念じて頂きそのままお香を炭で焚きます。
  3. 二回目は、お香をつまみ、今度は額に頂かずそのままお香を焚きます。
  4. 再度、対象をみて合掌礼拝。

一回目は主香といい額に頂きます。二回目は従香といい額に頂かずそのまま焚きます。

参列者が多い場合は一回のみでよいです。導師や遺族に一礼のご挨拶も大事なお作法です。

元来、お香は匂い消しや清らかにするために始まりました。

香りを感じ、お心清浄に焼香礼拝し、仏の徳を無眼に広めましょう。

 

各宗派の基本的なお焼香回数

  • 天台宗…1回又は3回
  • 真言宗…3回
  • 浄土宗…特にこだわらない
  • 浄土真宗本願寺派(西)…

1回(額に頂かない)

  • 浄土真宗大谷派(東)…

2回(額に頂かない)

  • 臨済宗…1回
  • 曹洞宗…2回

(1回目のみ額に頂き、2回目はそのまま焼香)

  • 日蓮宗…1回又は3回
  • 日蓮正宗…3回

各宗のお作法通りされるのが最善ですが、わからない場合は、回数に迷わずとらわれず、真心を込めご焼香いたしましょう。

 

卒塔婆とは?

 卒塔婆とは、サンスクリット語(インドの言葉)で「ストゥーパ」と呼ばれ「卒塔婆」「塔婆」と漢字に当て呼ばれています。

 卒塔婆は、遺体を埋葬するお墓や塔を指します。釈尊のお墓が起源で、遺体を埋め土饅頭や石をのせたお墓が最初でした。

やがて、五輪塔や多宝塔に発展し、現代は代々墓や供養塔があります。五輪塔は「空・風・火・水・地」の宇宙の五大根源を説

く塔で、生命は宇宙に還っていく意味をもちます。

 墓石の裏に建立する木板の卒塔婆の刻みは、この五大根源を表します。卒塔婆の建立は、善行の功徳となり亡き人の供養となる信仰です。○○年忌等の節目で、住職が木板の卒塔婆に戒名や経文を書き、お墓に建立し、読経され供養されています。