<仏教・仏事Q&A>

法事が遅れるのはダメ?

 法事(○年忌法要)は、故人の祥月命日(没月日)と逮夜(前夜)に営むのが正式です。実際に二日営む事はなく一日で営む事が通例です。

 一周忌までは満で数え、三回忌(満二年)からは数え年で○年目に入る時に営みます。また同じ年に二霊以上当る場合もあるでしょう。一霊ごとが理想ですが、親族の集まる都合などで、二霊以上の合同での法事も出来ます。

 故人に報い安らかにと念じる供養をする意味で、命日に難しい場合は、早めに営むことが理想です。しかし、やむを得ない事情もあると思います。遅れても大丈夫。法事を営まないより、勿論営む方がよいでしょう。何より故人を思う気持ちが大切です。

 法事の日程は予約制のためご希望の日時や場所等をご連絡下さい。

 思い立ったが吉日。

 まずは住職へご相談下さい。

法事? ふじゅー? たいや?

 法事とは、本来仏様の教えを知る(学ぶ)ということでした。それが次第に、故人への供養を勤める事が「法事」と呼ばれるようになりました。

 施主(供養する者)が、飲食や花をお供えし、読経することによって善根(よい行い)の功徳を積み、その功徳を回向(回し向ける=手向ける)することによって、故人の冥福を祈り仏道の成就を願います。また、施主や参列者は、自分自身を見直す修行の時間でもあります。

 葬儀後、七日ごとに初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、七七日の四十九日まで追善供養を行います。

 美作地域では、七日ごとの七日経を「ふじゅー」と呼びます。

 「諷誦」という経文を唱える法要が方言になったようです。

 また「たいや」とも呼びます。

「逮夜」又は「大夜」と書き、法要前夜を指します。法要当日は「正当」といいます。葬儀でお通夜と葬儀を営むように、法事でも逮夜(前夜)と正当(当日)に営むのが厳格な法事です。

 さらに百ヶ日、月命日(毎月の命日)祥月命日(年一度の命日)、お盆、春秋彼岸。一周忌、三回忌(満二年)、七回忌…など続いていきます(一頁参照)

 法事は最大の善行で、生きるものが仏様に出会う大切なご縁。怠りなく勤めたいものです。何回忌までやればよいか。それはあなた次第。あなたの法事への思い。させて頂ける心(喜び)が供養となるでしょう。

お線香は何本供えるのか?

 曹洞宗のお線香のお供えは基本一本です。姿勢を正し、一度額に頂き念じてから香炉の中心に真っ直ぐ立てお供え致します。

 僧侶が御供えする場合は「迎え線香」と言い、その場を清浄にし仏様や導師を迎えるためにお線香を二本立てます。その後、導師が入りお線香一本を御供えして合計三本になります。但し、葬儀の時は亡き方が迷わないようにと思いを込め、迎い線香は立てずに一本をお供え致します。  

  

 形式にこだわり過ぎない事。 

  1. 全ての方に一本も良いです。 
  2. ご本尊様に一本、ご先祖様に一本。計二本でも良いです。 
  3. ご本尊様に一本、ご先祖様に一本、命日の方へ一本。計三本でも良いです。            

全員一本ずつでもよいです。立てすぎによる火災には注意です。

 

祖様のお食事とも言われますので、丁寧にお供えさせて頂く真心が大切です。お線香は香りを持続させるために作られたものです。御供えさせて頂く方を思い、あまり数にこだわりすぎず、お気持ちを大切にお線香をお供え頂く事がよいでしょう。

 

< 臨済宗・浄土宗・日蓮宗>

お線香の本数は一本。

< 天台宗・真言宗>

お線香の本数は、基本三本。  

「三宝( 佛法僧)」や「三世( 過去・現在・未来) 全てを大切にご供養するお作法です。   

< 浄土真宗>

基本一本。線香を立てずに香炉の幅に合わせて折り、自分から見て煙の出ている側を左にして香炉の中に寝かせてお供えします。

 

曹洞宗お焼香のお作法とは?

  1. 仏前で対象をみて合掌礼拝。
  2. 右手三指(浄指=親指・人差指・中指)でお香をつまみ、左手を右手の下にそえ額に軽く押し念じて頂きそのままお香を炭で焚きます。
  3. 二回目は、お香をつまみ、今度は額に頂かずそのままお香を焚きます。
  4. 再度、対象をみて合掌礼拝。

一回目は主香といい額に頂きます。二回目は従香といい額に頂かずそのまま焚きます。

参列者が多い場合は一回のみでよいです。導師や遺族に一礼のご挨拶も大事なお作法です。

元来、お香は匂い消しや清らかにするために始まりました。

香りを感じ、お心清浄に焼香礼拝し、仏の徳を無眼に広めましょう。

 

各宗派の基本的なお焼香回数

  • 天台宗…1回又は3回
  • 真言宗…3回
  • 浄土宗…特にこだわらない
  • 浄土真宗本願寺派(西)…

1回(額に頂かない)

  • 浄土真宗大谷派(東)…

2回(額に頂かない)

  • 臨済宗…1回
  • 曹洞宗…2回

(1回目のみ額に頂き、2回目はそのまま焼香)

  • 日蓮宗…1回又は3回
  • 日蓮正宗…3回

各宗のお作法通りされるのが最善ですが、わからない場合は、回数に迷わずとらわれず、真心を込めご焼香いたしましょう。

 

卒塔婆とは?

 卒塔婆とは、サンスクリット語(インドの言葉)で「ストゥーパ」と呼ばれ「卒塔婆」「塔婆」と漢字に当て呼ばれています。

 卒塔婆は、遺体を埋葬するお墓や塔を指します。釈尊のお墓が起源で、遺体を埋め土饅頭や石をのせたお墓が最初でした。

やがて、五輪塔や多宝塔に発展し、現代は代々墓や供養塔があります。五輪塔は「空・風・火・水・地」の宇宙の五大根源を説

く塔で、生命は宇宙に還っていく意味をもちます。

 墓石の裏に建立する木板の卒塔婆の刻みは、この五大根源を表します。卒塔婆の建立は、善行の功徳となり亡き人の供養となる信仰です。○○年忌等の節目で、住職が木板の卒塔婆に戒名や経文を書き、お墓に建立し、読経され供養されています。